とんかつ食べたい。

子育てと消費生活のログ

いまさらFGOをはじめた

仕事のストレスが急激に高まり、現実逃避したくなってきたので、Fate/Grand Orderをいまさら始めたのであった。サービス開始当初に少し触ったけど、もっさりしていたのですぐにやめた記憶があるが、もう3年以上やってるのね。

Fate自体は、PC版のFateStaynightと、hollow ataraxiaをやって、Fate Zeroのアニメを一通り見たぐらいなので、結構Fate自体は好きな方(やってないシリーズも、一通りはWikiでみた)。

www.fate-go.jp

①メインシナリオはフレンドが強いのもあり、サクサク進むが、徐々にきつく(だるく)なってくる設計

現在第4章クリア。基本的にフレンドが強いので、サクサクと進むものの、4章ぐらいになってくると、同じ節内でも無駄に分割されており、戦闘が多いので、フレンドだけの火力だと、進捗が遅くていらいらする感じ。

新規者用のボーナス石で7回ぐらいは10連ガチャを回せるので、☆5か☆4の有望株を狙って、ガチャガチャしたあと、イベントで種火を集めて、強化するのが良さそう。☆3以下でも十分使えるものの、サクサク感を助長してくれるのはやっぱりそれなりに高ATKが期待できる、☆4以上(というか、☆5)な印象。

尚、足元でのメインメンバーは☆5ギルガメッシュ、☆4マルタ、タマモキャット、☆2アンデルセンという感じ。☆4でカーミラが出たので、育ててみようかなーという気持ちもありつつ、鮮血演出が好みじゃないのよな…という。

メインシナリオは、面白いような、面白くないような…とりあえず、4章はあまり芳しくなかった。キャラクタは立っていて、良いけど。

②種火や素材はイベントで稼げる設計なので、初心者には優しめ

おそらく、もう十分に円熟しているからだとは思うが、曜日クエストをやらなくても、新規参入者がある程度の戦力を整えるための素材・種火はイベントで回収できるので、基本的にはイベントを回すのが早い。

イベントは、戦闘が無駄に多いなー…というところや、周回しないといかんのか…といったところはあるが、まあシナリオもお祭り的で面白いし、Fateが好きなら、楽しめる。

③目に悪いのと、時間を食われすぎるのは問題。自分で自重しないと、やめどきがない。

無課金でも結構楽しめるのだが、基本的に演出の類が飛ばせないわりにピカピカ光る系が多いので、目がすごく疲れる(スマホなのもあるだろうが…)のと、演出が飛ばせない関係で、時間をものすごく食われるのは問題。効率よく回すというよりは、あくまで、時間を決めて遊ぶ、という形でやっていかないと、実生活の性能に影響が出てくる気がする(AP回復の金リンゴ、銀リンゴがガンガン供給されるのもそれに拍車をかけている気がする。)。

今から遊んでも、十分楽しいゲームではあるものの、中毒性は本物なので、家庭があるなら気を付けて遊ぶ必要がありそうです。

久しぶりに平日にこどもの国に行ってきた

久しぶりに有休をとって平日にこどもの国に行ってきた。東急田園都市線長津田からさらに先にあるので、結構行くのが億劫だが、東急ワンデーパスを使えば、とりあえず東急線内は往復660円で移動できるので、意外と交通費が安いのは魅力。途中の駅にも寄れるし。

f:id:shinagawakun:20180924104036j:plain

www.kodomonokuni.org

今回は、通常の左回りコースではなく、右回りで牧場から行ってみた。大体左回りで回っていると、牧場で遊ぶ間もなく、ソフトクリームを食べながら子どもたちが寝落ちしてしまうのだが、今回ようやく、牧場の遊び場で遊ばせることができた。牧場の中にある白いドーム状のトランポリンはかなり楽しかったらしく、長い時間遊んでいた。

ポニー乗り場があったので、長女をポニーに乗せてみたが、怖がっているなりに、結構楽しかった様子。親子だと800円程度と結構するが、子ども一人1周400円であれば、まあ乗せてみても良いのではないか。

ポニー乗り場の傍では、馬への餌やりがニンジンスティック4本100円で出来る。馬が歯を鳴らしてかじりついてくるので、子どもの手がかじられたりしないように注意する必要があるかも。でも、これも結構楽しい。

当日は暑かったので、牧場である程度遊んだあとは、さんかくぼうしでご飯を食べて、すぐに帰宅したが、広い公園で自由に遊べるのはやはり楽しかった様子。入園料も一人600円程度と安いので、城南エリアで行きやすい大規模な公園としての利用価値は高いなーと思えた。次回は、サンマのときに行く予定。

尚、レストランさんかくぼうしは、この手のレストランにしてはさほど高くないが、味もそう良くはないので、お弁当を自作するのが億劫であれば、同程度の金額で買える崎陽軒シウマイ弁当長津田駅で買っていくのが良いかと思う。

品川区内共通商品券が思ったより余ったので、使い道をまとめて

9月末までの品川区内共通商品券が思ったよりも余っていることに気づいたので、消費をキャッチアップすべく、色々と消費しどころを考えたので、次回に備えてメモ。なお、以下サイトで利用可能店舗が検索できるものの、検索性がありていに言ってクソなので、前のように冊子配布するか、冊子をPDFにしてもらえるとありがたいなーと思っている。

shoren.shinagawa.or.jp

①パン・米・嗜好品類の購入は割高感なくおすすめ。

品川区はそれなりに美味しいパンの店や、高品質でそう高くない米を売っている店があるので、それらの購入に使うのはおすすめ。おつりが出ない店だと、それなりの量を買わないといけないので厳しいが、大抵の店ではおつりが出る(武蔵小山のコミネベーカリーなどは出ない)。

菓子類であれば、一部対象外の店舗があるものの、おかしのまちおかで使用可能だし、飲料・酒類であれば、カクヤスなら大体どこでも使える。

特に、カクヤスで酒を購入するのは、額面的にも日持ち的にも、強いムーブな気はする。なお、おかしのまちおかは、おつりが出ない運用で結構きびしい。

珈琲豆の購入も、各街のそれなりの店で使えるし、珈琲豆を購入する場所ではないが、戸越銀座のカルディコーヒーなどでも使える。

②スーパーはほぼ対象外。専門の小売店であれば、対象あり。

スーパーは検索する限り、丸正大井町店のみが使用対象で、当然のようにオオゼキや文化堂、オーケーストアなど、地域に多いスーパーでは使えない。

ドラッグストアでは、ココカラファインは大体使える。5の倍数の日はポイントも5倍なので、買いだめするのは手。

一応、セブンイレブンでは大体の店で使えるので、大抵のものには変換できるが、コンビニでプレミアム商品券を使うのもなんだか損しているのか得をしているのかわからない感じはある。

専門の小売店で言えば、自転車店などで電動自転車等を買う際に使うのは、結構お勧めできる。

③書店でも使えなくはないが、数が少ないし、ヨドバシカメラで普通に買う方がよさげ。

書店だと、五反田周辺の文教堂など、一部使える店もあるが、そもそも本であればヨドバシドットコムで10%ポイント付くので、競争力は皆無である。家電類も、各所に存在するクラタデンキや武蔵小山ラオックスなどで使えるものの、ヨドバシカメラの方が強い問題は不変。使う価値はないか。

④ファストフード店では使えるエリア・場所が限られる

幼児と使いやすいファストフード店で言えば、大崎周辺ではバーガーキングその他、かなり使えるものの、旗の台のモスバーガー大井町大阪王将など、ぽつぽつとしかなかったりする。子連れで入れる店は対象に少ない。

⑤美味しい店で結構使えるので、ランチ等で行脚するのも手。

大井町の「丸八とんかつ店」、青物横丁の「コージ・コルディアーレ」など、調べるとそれなりの値段のする味の確かな店で使えるので、食べログなどと照らし合わせながらめぐるのも、消費としては良いかと思う。☆3.5以上の先で言えば、半数程度は対象になっているイメージ(大井町のpizza manなどが対象外な程度)

⑥エンタメなどでは、あまり使えない。

エンタメで言えば、一部カラオケ店等が対象になっている程度。しながわ水族館ぐらいか…。なお、しながわ水族館周辺には、ほとんど使える店が存在しない。

肉の万世5カ月連続来店キャンペーンをクリアしたよ。

4月~8月にかけて、肉の万世肉の万世ファミリーの登録者向けに、毎月1回来れば800円相当の手土産(カツサンドとか)をプレゼント、5カ月連続来店でさらにすごいプレゼントなるキャンペーンをやっていたので、ちょっと頑張ってチャレンジしてしまった(少し後悔している)

①毎月もらえる手土産は結構良いものぞろい

毎月もらえる手土産は、ハンバーグサンドやカツサンドなど、ちょっと良いものが揃っていて、結構うれしかった。家族4人で行くと、大体4000円前後ランチでかかってしまうが、親子二人で行くなら2000円程度なので、それでなら、かなりお得感があった。

(とはいえ、昼にハンバーグ食べて、ハンバーグサンドもらっても処理に困るのは、実態としてあるが…)

②5カ月連続来店記念商品は金券とストラップ

肉の万世の謎のペーパークラフトとかがもらえるのかなーとおもっていたが、まさかの金券だった。1949円分の、翌々月まで使える金券。毎月来い、ということか。

例えば、5カ月2000円でランチ食べたとすると、10000円、手土産と達成記念品を合わせると6000円分ぐらい返ってくる計算になるので、割は良いイベントかもしれない。もちろん、いらんもんをもらって帰っているわけではあるが、まあ、なにもないよりはいいでしょう、ということで。

ただ、結構毎月万世に行くのは、ちょっとつらかったので、次はチャレンジしないかな、とは思う。子どもと行くには、特別感があっていいんだけどね。

iwataniの炎たこではなく、普通のたこ焼きプレートを購入したよ。

夏でたこ焼きを子どもたちの前でやってあげたいなぁと思い、先日やきまるを買ったばかりなのに、また専用器具を購入してしまった。iwataniには炎たこという専用機が存在するものの、先日やきまるを迎え入れた我が家に到底それを収納するスペースは存在しなかったので、普通にiwataniカセットガスコンロの上乗せられるたこ焼きプレートを買ってみた。

www.i-cg.jp

①たこ焼きプレートはとても使いやすい。炎たこまでは必要ないかも。

たこ焼きプレートは、フッ素加工、切り溝あり、外枠ありと、ほぼ炎たこと同じ形状。炎たことの違いはまんべんなく火力がいきわたるかだが、強火で使う分には、あまり焼きムラがある感じはせず。ただ、中火程度で使うと、さすがに四隅までは火が行きづらいようだった。

いわゆる、外カリ、中フワを目指してダシ多めで生地を作ったのだけれど、見た目の焦げ具合や、中のフワ感ともにかなりいい感じに作れたので、性能的にはこれで十分かなーという感じだった。炎たこ比、穴の数が4つ少ないのだが、比較的1つの穴のサイズが大きめなので、16コしか焼けなくても、十分な感じ。

②たこ焼き用便利グッズもいくつか購入してみた。

ネットで人気のありそうだった、貝印の油引きと、ピックだけ、購入。ピックは竹串でも良いかなーと思ったが、子どもがたこ人形付きのピックがあった方が楽しめるだろう、ということで、購入してみた。

まいど本舗 タコちゃん キッチンペーパーで油引き_DS1020 | 貝印公式オンラインストア

油引きはかなり便利なグッズで、油をしみこませたキッチンペーパーの扱いづらい感じがなくなり、子どもにやらせてみるにも、ちょうどよい感じのサイズ感と、扱いやすさ。300円程度なら、収納の場所もとらないし、買うべきかな。

ピックは先端がダイヤ型のピックを購入してみたのだが、これは良し悪しある感じで、確かにはみ出した生地を埋め込むには便利だが、慣れるまでは竹串などのほうが、ミスしづらい印象。ただ、専用の器具があり、キャラクターがついていると、子どもは楽しそうと感じるようで、それはそれでよかった。

生地つぎも安いものを購入しようか迷ったのだが、よく考えると雪平鍋があったので、それで十分代用できた。ただ、そういった注ぎ口が付いている大きな容器がないなら、買っておいたほうが良いのかもしれない(やはり、便利)。

③家たこ焼き、結構楽しいので、このコストで出来るならいいね。

これまで、家たこ焼きというと、ホットプレートで全然焼けない生地をいじいじしている印象があったのだけれど、やはり直火できちんとした器具をそろえると、全然ちがうなぁ、と感じた。

すでにイワタニのカセットコンロを所有している前提ではあるものの、プレート1200円ぐらい+周辺グッズ600円ぐらいで粉買ってくればたこ焼きできる環境が整うのであれば、そろえておいても良いのかもしれない。場所もとらないし。

肉の万世の万世焼肉に行ってきた

なんだかんだヘビーユースしている肉の万世から神田駅前店リニューアル記念のキャンペーン価格のお知らせが送られてきたので、知人と行ってきた。肉の万世の洋食レストランにはなんのかんの頻繁に行っているが、焼肉万世は初めてである。

f:id:shinagawakun:20180828093048j:plain

www.niku-mansei.com

①店内はリニューアル直後だからかとてもきれいでひろい。

f:id:shinagawakun:20180828093226j:plain

さすが、肉の万世というか、いわゆる焼肉屋ではなく、きちんとした焼肉店で、とてもきれいかつ、一つ一つのボックス席が非常に広く、実質半個室のようだった。ゆったりと焼肉を楽しみながら、きちんと静かに会話が出来る環境で、会食にはちょうど良い感じ。神田っぽくない。

サービスも、店員の巡回頻度が高く、至れり尽くせりな感じで、結構長い時間いて、それなりに飲んだのだが、呼び鈴を鳴らしたのは会計の時ぐらいだった。ドリンクもちゃんと店員が見ていて、減っていたら次のドリンクを声掛けしてくれる。ありがたい。

②お肉は価格相応にしっかり美味しい。そこまで高くはない。

キャンペーン価格で、9580円の厚切りタンとカルビの大皿630gが5000円ととてもやすくいただけたので、2人には少し多いかな、と思いながら、そちらを注文。厚切りのタン、カルビともに(価格帯を考えればそうだろうが)とても美味しかった。

また、ありがたいことに、サンチュやズッキーニの薄切りなど、巻き野菜はサービスでお替り自由となっており、延々と肉を野菜で挟んで食べられる。ありがたいし、このサービスはずるい。ライスよりも全然良いじゃないか、巻き野菜。

単品で頼んだ白菜キムチもしっかり美味しかった。唯一、ビビンバを最後の締めに頼んだが、ちょっと失敗だった感じ。クッパとかの方が、美味しいかもしれない。

③キャンペーン価格を除くと、大体予算6000~7000円ぐらいの店か

キャンペーン価格を割り引いて、普通に大皿とキムチあたりを頼んで食べて、3杯ぐらい飲むと、一人6000~7000円ぐらいと思われる。

飲み物も含めて、価格帯はさほど高すぎもせずでちょうどいいぐらいの水準。神田駅前徒歩1分でこれならいいな、と思える高水準さだった。そりゃ、5000円超出せば相応の店だよね、というのはあるけど、東京駅からこっちぐらいで5000円前後だと、外れも結構あるし、雰囲気まで含めて、「無難」な店を見つけるのも中々難儀だからなー。立地とか考えると優秀。また何かの折に利用したいね。

長女と上野の国立科学博物館に行ってきた。

長女を連れて、上野の国立科学博物館に行ってきた。前から少し行きたいなーと思っていたのだけれど、さすがに一人で行くのも家族に悪いし、ということで、長女がある程度理解を示すようになってから、ということで、待っていたのである。

www.kahaku.go.jp

肉の万世に寄ってから上野へ

当日は、上野エリアの素晴らしい昼食スポットである肉の万世からスタート。肉の万世、相変わらず前日のWeb予約で待ち時間なしで入れるくせに、上京してきた観光客は延々と並んでいる。少し調べてくれば良いのに…と思いつつも、みんなが予約してくるようになると、我々が困るので、それはそれでいいのか。

1時間程度の昼食ののち、上野へ移動。ついでにポケモンスタンプラリーのスタンプも回収。上野のポケモンスタンプラリーのスタンプ置き場は入谷改札で、微妙に上野観光と相性が悪い(一番混まない場所という配慮だろうが)。

国立科学博物館、安い。

上野のいつもの公園入口を通り抜け、正面の上野動物園ではなく、右側の国立科学博物館へ。常設展だけなら、入場料は大人料金の630円程度のみ。前から思っていたけれど、少し安すぎるきらいがある。

観光客でごった返してはいるものの、さすがに全体が広いのもあって、幼児連れでもさほど困難さを感じない程度には空間がある。あと、クソ暑い上野の中で、屋内で完結する素晴らしさよ。涼しいし、椅子がたくさんあり、取り合いにもならない。実際、長女は到着してしばらくで30分程度寝ていたが、さほど困らずに休憩できた。

③地球館と日本館

日本館と地球館に分かれているが、今回は地球館に行った。事前にHPを見た感じ、地球館の方が恐竜や動物など、子どもにとってなじみやすい展示物が多そうだったためで、実際そうだった。

長女は3歳後半。結構、こういった博物館では骨や剥製を怖がる子どもが多い様子なので、どうか心配だったが、怖がっていたのは最初だけで、途中からは元気にみて回っていた。科学技術ゾーンはわからないものの、恐竜や動物のはく製ゾーンでは、「大きいね」「これはなに」とはしゃいでいた。

「恐竜はなんで死んじゃったの?」は定番の質問らしく、色々なお父さんが尋ねられていた。後ろにいたお父さんがぼくの回答を丸パクリして答えていたのにはわらった。ちょっとは頭使え。

④幼稚園入っているなら楽しめそうな感じ。

都度、「もうそろそろ出る?」ときいていたにも関わらず、長女は「もっとみる」と答えていたので、結構子ども心に、楽しい施設ではある様子。地球館をかなりゆっくり見て、2時間ちょっとぐらい。日本館に入ると体力が厳しそうだったので、そのまま帰宅。途中のターミナル駅で、お茶をして帰った。

昼食も含めてで3000円程度で子どもと建設的なデートが出来るので、夏の遊び場としてはちょうどよいのかも。また、半年後ぐらいに行きたい。