とんかつ食べたい。

子育てと消費生活のログ

ハーバードビジネスレビューの定期購読は非常に良いよ。

ここ2年ぐらいハーバードビジネスレビューを購読しており、非常に満足度が高いので、雑感を書いておく。

www.dhbr.net

 ⒈ハーバードビジネスレビューの概要・価格

ダイヤモンド社が出しているマネジメント専門誌

『Harvard Business Review』(HBR)とは、ハーバード・ビジネススクールの教育理念に基づいて、1922年、同校の機関誌として創刊された世界最古のマネジメント誌です。

アメリカ国内では29万人のエグゼクティブに購読され、日本、ドイツ、イタリア、BRICs諸国、南米主要国など世界14カ国、60万人のビジネスリーダーやプロフェッショナルに愛読されている、ワールドワイドなマネジメント誌です。

(中略)

「優れたリーダー人材に貢献する」という編集方針の下、学術誌や学会誌のような無用な難解さを排し、「実学」に資する論文を提供。グローバル企業の企業内大学や管理職研修、さらにビジネススクールの教材としても利用されています。
現在は、「グローバル・リーダーを目指す人の総合マネジメント誌」として、毎号HBR論文と日本オリジナルの記事を組み合わせ、時宜に合ったテーマを特集として掲載しています。多くの経営者やコンサルタント、さらに若手リーダー層から支持されています。

上記はHPからの引用。内容は実際書いてある通りで、極めてマネジメント層及びそれらを志向するひと向けで、日経ビジネスアソシエのような「作業者」に向けたものではない。
ただ、一つ上の階層、あるいはそのさらに上の階層が何を考えているのか、だとか、リーダーとしてある程度組織や人を動かす場合に頭の片隅で応用できるような内容が多分に含まれているので、経営者層でないと意味がないものではないと思われる(別に僕も「グローバル・リーダー」なんかまったく目指していないが、チーム運営や組織の中での動き方のイメージをつかむ分には役に立っていると感じている)。

②価格は定期購読なら安い

3年 (36冊) +DHBR論文セレクション・・・49,400円(税・送料込)
1年 (12冊)・・・20,600円(税・送料込)

単純に購入すると1冊2000円程度と非常にお高いが、3年の長期定期購読すると随分安くなる。それでも1冊1400円程度だが、実態の厚みとクオリティを考えればそう高くはない。
ぼくは一時期、一橋ビジネスレビューとThink!(休刊になった様子)と同時に購読していた時期があったが、継続する気が起きたのはハーバードビジネスレビューだけだった。

⒉雑感

①毎回読み応えがあり、考えさせられる記事

毎号非常に品質が高く濃密な記事が大量に掲載されており、自分の業務に活かせるかは兎も角、ホワイトカラーのひとは考えさせられることうけあい。
僕なんかはどちらかというと伝統的大企業に属する会社に勤めており、実態としては実務に活かしづらい部分はあるものの、小さなチームのコントロールにも応用できる話はかなり多く含まれているので、まるきり意味がないと思うことは少ない(「人間の性質上、インセンティブの付け方をこうした方が人は動きやすい」とか、「こうした行動をすると一般的に感情がこう働くので問題解決につながりにくい」だとか、そういった応用しやすい概念がたくさん載っているイメージ)
安直な方向に流れがちな自分を戒める意味も込めて読み続けている部分もなくはない。仕事の慣れを打ち消す刺激があるというか…。

②反面、読み応えありすぎて読むのがつらい

かなり読むのは早い方だし、前提知識もあるのでつっかえることもあまりないのだが、それでも1冊あたり1時間以上読破までかかる。読まなくて良いページが少なすぎるのと、1pあたりの文字数がかなり多いのもあるのだろうと思う。
持ち歩くサイズでもないので、時間をしっかり取らないと読めない。だらだらと今月号を読んでいたら、気が付くと次の号が来てたりする。まあ、その辺は週刊の「日経ビジネス」なんかでも同じではあるが、内容の汎用性が高く情報の鮮度≠価値な内容なだけに気分が乗らないと溜まりがちである。

③個人的には非常にオススメだが、当たる層は狭いかも…

意外と大き目の図書館には置いてあったりするので、試し読みをしてみると良いのかな、と思う。個人的には、定期購読で幸福度が若干なりとも向上したと感じている。
一応、HBRの公式サイトでは論文のサンプルも読めるので、そちらで確認しても良いかも。捨てる気持ちで一回3年の定期購読をしてみるといいと思います。