とんかつ食べたい。

子育てと消費生活のログ

宅建試験に1ヶ月半の勉強で合格した話

ちょうど日程的に宅建試験が受けられそう&ほかに勉強するものもなかったので、宅建試験を1ヶ月半の勉強で合格できるか試したら合格出来たので、記録しておく。

www.retio.or.jp

⒈前々日までの実質の勉強時間と学習内容

①当初はアプリで正誤問題

zakki.wangantower.com

マンションブロガーののらえもん氏が3日で合格した体験記にて高品質とされていた以下のアプリにて主に学習。基本は、過去問を間違え覚えるスタイルで、解説を頭の中で整理していった。

 過去問突破型の学習であれば、極めて効率の良いアプリで、正誤問題を2、3周(30分×2週間で7時間ぐらいか?)やるだけで、漠然とした一通りの知識は身についた。解説文もコンパクトで必要十分。少し都市計画法関連がつかみづらいので、後述する宅建講師ブログのまとめ記事なんかをざっと読むと良いかもしれない。

②問題に慣れるためにアプリで延々と四択問題

正誤問題が7-8割取れるようになった段階で、四択問題に移行。宅建試験の問題は解くのにコツが要る感じの問題なので、早いうちに四択に移行して、「知らない択を選ぶと間違える」感覚は覚えておいた方がいいかも。
四択問題では1ヶ月×30分に足りない程度(15時間ないぐらいか)学習。当初は間違いを選んでしまうことが多いが、そのうち慣れて7割超えてくるので継続が大事。四択は最後のあたりまで正答率70後半から90前半ぐらいを行ったり来たりだったが、クソ問題も存在するので、平均75%ぐらい取れていればワンチャンあるレベルなのでは。

⒉直前学習

①前日に過去問3年分を実施

前日に過去問3年分を一気に解き、試験の雰囲気をチェック。とはいっても、そのへんで入手した2013年発行の問題集(パーフェクト宅建)だったので、極めて古かったのだが。一応3年とも合格ラインはかなりギリギリの年もあったが合格ラインで一安心。

②保坂つとむ先生の宅建ブログの直前講座で頭を整理&統計問題対策

統計問題はアプリでは対応不可能なのと、そもそも過去問偏重すぎて宅建業法以外の正答率が悪い傾向があったので、まとまり感のある内容が掲載されていた宅建講師のブログでざっと総ざらい。統計問題も含めて、かなり良かった。

ameblo.jp

3.試験当日

◇試験当日は勉強せず、受験。自己採点35点とギリギリ

当日にバタバタしない主義なので、ノーガードで突っ込んだのだけれど、結論として、あんまり良くなかった。過去問重視の試験ならぎりぎりまで粘るべきだね。
2017年は民法周りが難しかったらしく、過去問にない問題が多かったので、序盤から大爆死したが、宅建業法周りは簡単だったので、トータルでは過去問やってればいけるレベルだった様子。
総じて、アプリと宅建講師ブログの併用で1カ月ちょっとで合格はまあ普通にできそうかなぁという印象(結構サボったので…)