とんかつ食べたい。

子育てと消費生活のログ

カレー備忘録

月に1回ぐらいインド風カレーを作っているのだが、作り方が適当だったりスパイスの分量が適当だったりして味が安定しない(当たり前だが)ので、記録しておく。なお、スパイスはSB食品のホールスパイスをIWATANIのクラッシュミルサーで砕いている(一応、ターメリックのホールのような難物も砕ける)。

www.iwatani-i-collect.com

1.材料

スパイス以外

  • 牛豚合いびき肉150g
  • カットトマト缶400g
  • 玉ねぎ中2玉(みじん)
  • 水300g
  • 塩小さじ1
  • 砂糖小さじ1
  • 味の素1ふり
  • サラダ油大匙3
調味料A(ホールスパイス)
  • コリアンダーシード10粒
  • クミンシード大匙1
  • カルダモン2粒
  • クローブ4粒
  • ローレル1枚
  • シナモン(小指第二関節ぐらいまでサイズのもの)1枚
  • ニンニク2片(みじん)
  • しょうが1片(みじん)
  • カイエンペッパー1本
調味料B(粉スパイス)
  • コリアンダー大匙1
  • クミン大匙1/2
  • カルダモン1粒
  • クローブ4粒
  • シナモン(小指の第一関節ぐらいまでのもの)1枚(小さじ1/2?)
  • ターメリック(小指の第二関節ぐらいまでのもの)1つ(大匙1/2?)
  • ブラックペッパー小さじ1
  • カイエンペッパー3本

調味料C(味の調整に適当に入れてみたやつ)

  • バター大匙1
  • 醤油小さじ1
  • リンゴジャム小さじ1
2.調理手順
  • サラダ油をフライパンに投入し、調味料A(ホールスパイス)のうち焦げやすいクミンシードとローレル以外を投入し、弱火で炒める。
  • 香りが立ってきたところで、残りのクミンシードとローレルを投入する。
  • クミンシードの香りがたったところで、玉ねぎを全部投入し、塩少々、砂糖、味の素を振る。ある程度色がつくまで中火で炒める。飴色玉ねぎまではいかなくてもよい(面倒なので…)。
  • トマト缶の中身をフライパンにぶちまけ、水300mlを入れて中火で沸騰するまで煮る。
  • 沸騰したところでひき肉を投入して、ばらばらになるように混ぜる(この段階で投入したのに理由はなく、単に忘れていただけ)。
  • 肉に火が入ったところで、火を止めて、調味料B(粉スパイス)を入れながら混ぜる。
  • 混ざった段階でほぼ完成だが、味を見て調味料を追加する。今回は、スパイス以外の味が薄めになってしまったので、塩味と甘みを補填するため、調味料Cを入れた。大体、この辺をいれるといい感じになることが多い。
  • 食べる前に温めて完成。
3.今回の味

もう少し甘みが欲しい感じもするものの、スパイスのバランスは割とちょうどよく、見た目もTHEカレーという色合いでかなり成功の部類。結構うまかった。辛味はかなり強いが、クローブカルダモンコリアンダーあたりの香りがきたあとの最後の最後で辛味がぶわっとくる感じなので、奥行き感はある味になった。コリアンダーのまとめ力が強い。リンゴのすりおろしと蜂蜜ぐらい入れるべきなんだろうか。