とんかつ食べたい。

生活の備忘録(ときどき幼児とのお出かけ記録も)

レーティング2100半ばで安定してきたので、どうぶつタワーバトルの攻略メモを書いてみる

どうぶつタワーバトルのレーティングが2100台で安定してきたのでざっとまとめておく。

 

f:id:shinagawakun:20171230032529j:plain

1.基本的なところ

①全般

なんとなく感じているコツは以下。意識するだけでも大分ちがう。

  • 突起物には動物の足、曲面には動物の背中を合わせると滑りにくい。
  • 高いところから落とすと衝撃が増すので、挙動が変わる(いいことは皆無)。基本は一番高いところに落とす。
  • 斜めにして足や頭から落とすことで、「低い位置」で着地するため衝撃は緩和される。バランスが崩れやすい後半で、縦に置けない動物が来た場合には、足から落として衝撃を抑えると安定する。また、動物によって重い方向が違うので、落としたときにどちらに倒れやすいかは意識して、もたれかかるように柔らかく置く。
  • 1頭ずつ上に置いていくような状態では、縦一本の軸を意識して、重心が崩れないように置く。重心が崩れなければ、ゾウ以外ならまあ大体なんとかなる。
  • ゾウ以外の巴投げは、キャラ限定コンボみたいなもので、相当慣れてからで構わない。やってればそのうち相手にやられて覚える。
②個別動物毎の雑感・テクニック
キリン無難な動物。2回回転させたキリンはかなり安定度が高く、巴投げも狙えるので、使い勝手が良い。ただ、上に置きやすい部類でもあるので、首をうまくシーソーのようにしてもっと攻めていくのもありか。単純に0キリンでフィールドを狭くされるだけで困るプレイヤーも多かったりする。
ゾウ正直後半に出たら「置く自分が死ぬ」か「置けたら相手が死ぬ」かみたいな感じなので、運ゲー要因感はある。0ゾウや0カバ、0サイには確実に巴投げ状態で置きたいところ。鼻をうまくつかったり、引っ掛けるように置くと意外と耐えれたりする。出現タイミングによってはタワーに被って発生し、置いた瞬間にタワーが弾けるが、あきらめよう。
シロクマ序盤に引いてもなにもならないし、後半にシロクマひくとクリアしても返されやすくてきついハズレ、という印象意外なにもない。大きくて微妙に安定しづらいので、横にして引っ掛けるか、反対にして足と足の間にはめ込むかなど、場合によって考えていこう。
パンダ:握力が強いので、斜めにして後ろ脚から接地させると安定する。なお、背中から置くと巴投げも出来る。
トラ:パンダの亜種で立つ。
サイ斜めにして後ろ脚から接地すると安定するのはパンダと同じだが、重い。背中の曲面はわりと摩擦力が強いので意外にいろんな動物に引っかかる。あと、背中の曲面が巴投げに向きすぎているので、可能な限り斜めに置いた方が、返しでゾウやカバの巴投げ待機に苦労しなくて済む。
カバ:丸いので巴投げの起点になりやすい。完全に攻めの動物なので、カバに対してどう対応するかがDTBの攻防の基本という感じもする。逆さでカバ置かれた際には重心に注意して対応しよう。縦に置かれたカバは、足と足で挟む感じで置くと返しやすい。
トナカイ:苦手な人が多い。ツノが重すぎるので、他の動物と違う動きをするが、基本ツノから置くイメージで置けば問題ない。ツノだけで引っかかるし、意外となんとかなる場合の方が多くて僕は嫌いから好きに変わった。
オカピ基本、首の背面から接地させる方がいい。あとは、首が長いので、尻を起点に回転するように置くと巴投げになる。カバゾウ巴投げと比べるとまだ引っかかる人が多いので、オカピが出たら色々試してみるのもいいかも。
ロバオカピとシマウマの間ぐらいの生き物。あまり印象ないが、巴投げ軍団の一員。
ラクダ逆さにしてコブを使うと安定して置ける。返されやすいけど。
シマウマ:どう置いても割と安定するが、しっぽが意外と引っかかったりするので気をつける。右側に若干偏りがある生き物。

その他割とどうでもいい。

2.他、レーティングごとのポイントとか

①レーティング2000までは耐久戦だけでも上がる

レーティング1800台までは置きミスが多いプレイヤーが多い印象なので、1頭を積み上げていくタワーになってからの置きミスを無くしていくと、大体レーティング2000前後までは普通に上がっていく。

ポイントになるのは、トナカイ、ラクダ、オカピ辺りの処理だが、トナカイはツノの重さを意識してツノから置くように置けば一先ずは耐えられるし、ラクダは反転させてコブを置けば大体OK、オカピも首の背中を斜面に合わせるように落とせば問題ない。

なんだかんだ必死のシーンは存在するが、15手を超えるような長期戦でも、ゾウが来なければ耐えられるケースの方が多いので、地力だけで6割は勝てる状態を目指そう。

f:id:shinagawakun:20171230032357j:plain

②レーティング2000台以降は攻めを意識

レーティング2000台到達後は、1900台までの相手に確実に勝たないと急激にレーティングが下がるので、1900台までの相手に負ける「まぎれ」をへらすために巴投げを積極的に狙ったりやあえてバランスを崩した置き方をするなどの攻めを考えていく。

特に基軸になるのは偶蹄目奇蹄目系の動物による巴投げトラップで、成功率は低いものの、ちょっとした甘い置き方を咎められるので、積極的に狙っていく価値はある。自分はそんなに困らないし。いずれにしても、早期決着を図るために、序盤は相手の見たことの少ない盤面にどう持っていくかに注力するのが良い。