とんかつ食べたい。

子育てと消費生活のログ

創味シャンタンを使うと実際チャーハンが美味しいよね。

創味シャンタン(いわゆる従前の味覇)を使うようになってからあまり炒飯で失敗しなくなった(パラパラ系ではないが)。創味シャンタン、中華風のものを作るには予想以上に便利だね…。なお、うちでは缶タイプではなく、保存しやすい粉末タイプを使用。溶けは普通に良いです。以下、汎用的なチャーハンの作成方法。ティファールのフライパン使用。

www.somi.jp

1.材料(2人前)

  • ご飯1合
  • 卵2個
  • ネギ1/4本
  • その他入れたいみじん切り食材やコーンなど
  • 創味シャンタン適量(粉末なら小さじ2~3ぐらい)
  • サラダ油大匙1.5ぐらい

2.調理

  1.  ひき肉などを入れる場合は先に火を通して別に取っておく。
  2. サラダ油をフライパンに入れて熱する(少し多いな、というぐらいの油量で構わない)。
  3. 溶き卵を投入して油と混ぜるように菜箸でかき混ぜる。
  4. 卵が半熟になった段階で、ご飯を投入し、へらで混ぜながら炒める。
  5. ご飯が混ざったらその他の具材を投入して、さらに炒める。
  6. 創味シャンタンを入れ、味がいきわたるように混ぜながら炒める。完成。

創味シャンタン以前に、卵の投入タイミングがいまいちわかってなかったのだが、創味シャンタンパッケージ裏の手順(卵を先に油で炒める)でやると、卵が安定した形になったし、具材投入はご飯の後というのも新たな気づきだった。

変にニンジンや玉ねぎを入れるより、卵ネギ肉ぐらいの方が美味しい気がする。冷凍コーンなどを入れても地味にうまい。また、特に途中で味付けするタイミングは皆無なので、子どもに食べさせる分を創味シャンタン投入前に取り分けるタイミングがあるので、味付け薄めでいきたい幼児がいる場合にも対応しやすい。

なお、この手の料理をする際はへらがあると非常に便利で、我が家ではマーナのシリコン製計量炒めへらを愛用している。計量としてはあまり使わないものの、多少すくうことも出来るのが使い勝手の良さにつながっていて、手になじむ感じ。料理が楽しくなることうけあいです。

shop.marna-inc.co.jp