とんかつ食べたい。

子育てと消費生活のログ

幼児がトイレで排泄してくれない問題はそのうち解決するので心配しなくていい

うちの長女が3歳になる頃の一番の心配事は、トイレで排泄してくれない(うんちもおしっこも)ことだったが、結局なんのことはなくできるようになったので、経過を報告。みんな心配するけど、結局親が心配するほど大したことではないんだなーと。

①トイレトレーニングするも意外と難航

もともと、長女は外出時はうんちを我慢するなど、かなり排泄のコントロールが効いている方に見えたので、2歳半ぐらいにはトイレでできるようになるかなーと思っていたが、全然うまくいかず。

トイトレは2歳の頃からやっていたが、結局トイレでしたのは数回で、あとは「出たよ」という事後報告だけ。当の本人は、「3歳からパンツ履く」と申告しており、トイレに座らせる、パンツを履かせるだけでも泣き叫ぶ始末で、どうしようかなー、と思っていた。そもそも一般的な「いやな感じがするのでトイレ申告」のフローに行かない。

②外部環境整えようとするも、失敗

便座が不安定で怖いのがあかんのかなーと思い、それまで使っていたリッチェルのサイドに取っ手があるタイプ以外に正面にハンドルがあるタイプを用意したが、どちらでも泣き叫ぶのは変わらなかった。

トレパンマンなども試そうかと思ったことはあったが、そもそもおしっこが溢れる状態でも嫌がる空気がなかったので、金の無駄だと思い、買わなかった。高いし。最終、諦めて本人の申告の3歳を待つことにした。

②結局本人申告の3歳になったら急にやりはじめた

3歳の誕生日を迎えたところ、それまでの嫌がりようは嘘のように消え、(最初は何回か漏らしたが)トイレで排泄するようになった。結局、「3歳になるまではおむつを履きたい(自分は幼児だから)」という拘りがあり、「3歳からはパンツ履く」という約束をしていたので、3歳からはトイレで排泄するようになったといったことなんだと思われる。

よく言われる「排泄の自覚がある」ところまで行ったら、あとは本人の気分の盛り上がりに合わせて親はトイトレを促しつつも、鷹揚に構えているのがいいんだろうなーと感じた次第。結局、大人はみなトイレで排泄できるのだから、どこかでは排泄できるようになるのだ、たぶん。

まあ、トイレでやってくれるようになると、1枚あたりの単価が高いLサイズのおむつの消費量が減るので、出来るかぎり早いうちに移行できた方が財政上はありがたい部分はあるが…