とんかつ食べたい。

子育てと消費生活のログ

Citizenもそう悪いものじゃないんだよ。

将来のことをいろいろと考えながら、30歳になったときに良い時計でも買おうかなーと思ったわけだけど、比較検討していたら、結局今のCitizenのアテッサが極めて性能的には優秀で、あまり買い替える気が起きなくなってしまった。

citizen.jp

①アテッサはビジネス使いには十分すぎる高機能時計

時計の中でも最高水準のエコ・ドライブ技術、そもそもずれのほとんどない時刻に加え、電波時計機能による補正、サファイアガラスの視認性、チタンのメタルブレスなど、まあ普通に考えればそれだけでビジネスの現場で使うには十分で、しかもそんなに高くもない。ヨドバシカメラAmazonであれば、4万円ぐらいからでも上記機能がすべて入っているものが買える。

②高級時計は別に高機能なわけではない

30代にもなってくると、例えばオメガやら、タグ・ホイヤーやら海外ブランドの結構良い価格の時計をしている人が増えてくる。マイナーなものでも、ちょっと良さそうだな、と思うような時計というのは調べてみると結構なお値段がしたりして、やっぱりみんなある程度拘っている様子である。30歳の記念で買う人が多いのかもしれない。

でも、実際にビジネス使いをしていると、高級時計はつけていないと止まる、結構な頻度で秒にズレが出るなど、面倒なことが多い。実際は、高級時計=性能ではなくて、あれば高級時計であること自体に価値があるある種宗教的な世界であり、実態としては、CitizenやSEIKOの国産の5万円~15万円ぐらいのちょっと良い時計のほうが、機能的には優秀だったりする(そもそも、一応の最先端であるスマートウォッチのスタンダードなモデルであるApple Watchですら、5万円以下で買える。)

③でももうちょっと高そうに見える時計も、欲しい気がしている

ただ、やっぱり「Citizen」というブランド自体があまり強くないブランド、というか、不当に評価が低いブランドであることは間違いないので、ビジネス使いはともかくとして、休日に着ける時計ぐらいは持っておいても良いのかなーという気はしている。

ただ、アテッサを日常的に使っている中で得ているストレスのなさになれていると、ちょくちょく止まる機械式時計をつけられる気もしないので、国内でブランド名が目隠しになっている国産ブランドの高級ラインでも買おうかなー、と思っている。カンパノラあたりだろうか。

それとも、ブラックチタンの限定モデルでも買おうかな…。

campanola.jp