とんかつ食べたい。

子育てと消費生活のログ

トルネオV CL1400を購入した

ルンバ680の導入により、大まかな掃除が自動でできるようになったので、こまめな隙間掃除用にヨドバシカメラで急に5万円から4万円に安くなった(型落ちと思われる)トルネオV CL1400グランレッドを購入した。

f:id:shinagawakun:20180828083337j:plain

www.toshiba-lifestyle.co.jp

①コードレスはすこぶる快適、グランレッドカラーもかっこいい。

従来、コード有のトルネオVを使用していたのだけれど、やはりコードレスの方が取り回しが良く、多少重量は感じるものの(それでも、他社製品と比べれば軽い方)、思い立ったらすぐに掃除ができるというメリットは圧倒的。吸引力も、アタッチメント次第ではあるが、十分なレベル。

ルンバを毎日走らせていると、カーペットの隙間など、ルンバに向かないエリア以外はさほど汚れないので、コードレスでそのエリアを吸引するだけでよいと思うと、取り回しの良さの方が重要。

また、トルネオのトレードカラーであるグランレッドの色合いも極めてよく、デザインもスマート。これは買って良かったなぁ、という感じ。

②付属品は付属品で使い勝手が良い。

CL1400とCL400の差であるアタッチメントの数の差だが、ホース、布団用アタッチメントともに結構使える印象で、1万円ぐらいの差であれば、十分許容できるかな、という感じ。

特にホースについては、排気が手元で発生するのもあり、エアコンのフィルター掃除などは、ホースがあると、かなり捗る。布団用アタッチメントも、吸ってみると結構塵が吸えるもので、気分的には悪くない。

エアブロー機能は残念ながらマンションでは使用機会がない。

③難点はバッテリーの持ち。

唯一の難点は、バッテリーが20分程度しか持たないことで、20分使うときは少ないものの、ちょくちょく充電しないといけないのは面倒。とはいえ、さほどストレスのたまる要素でもないし、連続使用しない類のものなので、問題にはならない。

バッテリーの持ちなども考えると、メイン機としては心もとないものの、広範囲の床掃除はルンバ、それ以外はトルネオV+アタッチメントとする分には、非常に良好な性能。バッテリーの充電可能回数なども考えると、5年ぐらいが耐用年数かと思うが、まあルンバが仮に3年として、1年あたり2万円でこれぐらい便利なら、まあいいんじゃないか、と思う。