とんかつ食べたい。

子育てと消費生活のログ

肉の万世の万世焼肉に行ってきた

なんだかんだヘビーユースしている肉の万世から神田駅前店リニューアル記念のキャンペーン価格のお知らせが送られてきたので、知人と行ってきた。肉の万世の洋食レストランにはなんのかんの頻繁に行っているが、焼肉万世は初めてである。

f:id:shinagawakun:20180828093048j:plain

www.niku-mansei.com

①店内はリニューアル直後だからかとてもきれいでひろい。

f:id:shinagawakun:20180828093226j:plain

さすが、肉の万世というか、いわゆる焼肉屋ではなく、きちんとした焼肉店で、とてもきれいかつ、一つ一つのボックス席が非常に広く、実質半個室のようだった。ゆったりと焼肉を楽しみながら、きちんと静かに会話が出来る環境で、会食にはちょうど良い感じ。神田っぽくない。

サービスも、店員の巡回頻度が高く、至れり尽くせりな感じで、結構長い時間いて、それなりに飲んだのだが、呼び鈴を鳴らしたのは会計の時ぐらいだった。ドリンクもちゃんと店員が見ていて、減っていたら次のドリンクを声掛けしてくれる。ありがたい。

②お肉は価格相応にしっかり美味しい。そこまで高くはない。

キャンペーン価格で、9580円の厚切りタンとカルビの大皿630gが5000円ととてもやすくいただけたので、2人には少し多いかな、と思いながら、そちらを注文。厚切りのタン、カルビともに(価格帯を考えればそうだろうが)とても美味しかった。

また、ありがたいことに、サンチュやズッキーニの薄切りなど、巻き野菜はサービスでお替り自由となっており、延々と肉を野菜で挟んで食べられる。ありがたいし、このサービスはずるい。ライスよりも全然良いじゃないか、巻き野菜。

単品で頼んだ白菜キムチもしっかり美味しかった。唯一、ビビンバを最後の締めに頼んだが、ちょっと失敗だった感じ。クッパとかの方が、美味しいかもしれない。

③キャンペーン価格を除くと、大体予算6000~7000円ぐらいの店か

キャンペーン価格を割り引いて、普通に大皿とキムチあたりを頼んで食べて、3杯ぐらい飲むと、一人6000~7000円ぐらいと思われる。

飲み物も含めて、価格帯はさほど高すぎもせずでちょうどいいぐらいの水準。神田駅前徒歩1分でこれならいいな、と思える高水準さだった。そりゃ、5000円超出せば相応の店だよね、というのはあるけど、東京駅からこっちぐらいで5000円前後だと、外れも結構あるし、雰囲気まで含めて、「無難」な店を見つけるのも中々難儀だからなー。立地とか考えると優秀。また何かの折に利用したいね。