とんかつ食べたい。

子育てと消費生活のログ

マンションのインテリア相談会で購入できるものって必要なのか

新築マンションを購入した際にある、いわゆるインテリア相談会(オプションのさらにオプションみたいなやつ)について、色々調べたので、まとめておく。

①エアコンの購入・設置

インテリア相談会で迷う一つの大きなものとしては、エアコンがある。エアコンの本体価格自体は大体定価の4割~5割引き程度、設置工事代金は3万円~4万円程度、というのが、インテリア相談会での相場のようで、ありていにいえば、量販店で買うよりだいぶお高い(税込みで、大体2割ぐらい割高なイメージ)。

ただ、量販店で購入するのにも、一抹の不安はあり、適当な工事をされる懸念があるという問題は残るようで、結構な価格の重要設備であれば、2割払っても良いのではないか、という話はある様子で、中々判断に困るところ。なお、量販店は基本的に工事代金が1万円前後のように書いてはいるものの、化粧カバーとかキチンとつけると普通に3万円ぐらいするそうなので、値段の差は主に本体価格だと思って良さそう。

まあ、口コミで悪評が多かったのは年代的には2010年前後ぐらいで、足元でそう聞く話でもないのと、ピーク時の夏に差し掛かるタイミングでなければ、あまり、気にしなくても良いのかもしれない。3LDKでそれなりのエアコンを入れると、簡単に10万円ぐらい金額の差が出てくるのを考えると、極論、調子悪ければそのお金でやり直してもらえばよい、という考え方はあるかもしれない。

②オーダーカーテンの購入

最近はニトリ無印良品などでも、大抵対応できそうとか、安く済ませようと思えばいくらでも安くできるご時世ではあるものの、メインの窓ぐらいは、凝ったものをオーダーしても、というのはあるかもしれない。大体、定価の何割オフで案内されるわけだけれど、これも、そんなに安い金額というわけではない様子。

ただ、他のものと比べると、インテリア相談会で選ぶ意味があるかもしれない。

③各種コーティングなど

フロアコーティング、水回りコーティングなどを勧められるが、無垢材フローリングなわけでもなし、水回りもすでに商品開発の時点である程度防汚コートなどはしてある前提とすれば、高い金額をかけてやるよりは、そのお金で、将来的なフローリングの修繕や、極論清掃業者に清掃してもらった方が賢いのでは…という気がする。だいたい、コーティングする先の商品作ってる会社も推奨してねぇしなぁ…。

レンジフードの油とりカバーも同じジャンルで、実はレンジフードカバーの大手は、レンジフードカバーに余計なものをつけることは推奨していなかったりして、結局は定期的な掃除だよ!と言っている。そういうものということで、掃除計画をきちんと立てるのが良いのかもしれない。