とんかつ食べたい。

生活と意識の記録

久しぶりに平日にこどもの国に行ってきた

久しぶりに有休をとって平日にこどもの国に行ってきた。東急田園都市線長津田からさらに先にあるので、結構行くのが億劫だが、東急ワンデーパスを使えば、とりあえず東急線内は往復660円で移動できるので、意外と交通費が安いのは魅力。途中の駅にも寄れるし。

f:id:shinagawakun:20180924104036j:plain

www.kodomonokuni.org

今回は、通常の左回りコースではなく、右回りで牧場から行ってみた。大体左回りで回っていると、牧場で遊ぶ間もなく、ソフトクリームを食べながら子どもたちが寝落ちしてしまうのだが、今回ようやく、牧場の遊び場で遊ばせることができた。牧場の中にある白いドーム状のトランポリンはかなり楽しかったらしく、長い時間遊んでいた。

ポニー乗り場があったので、長女をポニーに乗せてみたが、怖がっているなりに、結構楽しかった様子。親子だと800円程度と結構するが、子ども一人1周400円であれば、まあ乗せてみても良いのではないか。

ポニー乗り場の傍では、馬への餌やりがニンジンスティック4本100円で出来る。馬が歯を鳴らしてかじりついてくるので、子どもの手がかじられたりしないように注意する必要があるかも。でも、これも結構楽しい。

当日は暑かったので、牧場である程度遊んだあとは、さんかくぼうしでご飯を食べて、すぐに帰宅したが、広い公園で自由に遊べるのはやはり楽しかった様子。入園料も一人600円程度と安いので、城南エリアで行きやすい大規模な公園としての利用価値は高いなーと思えた。次回は、サンマのときに行く予定。

尚、レストランさんかくぼうしは、この手のレストランにしてはさほど高くないが、味もそう良くはないので、お弁当を自作するのが億劫であれば、同程度の金額で買える崎陽軒シウマイ弁当長津田駅で買っていくのが良いかと思う。

品川区内共通商品券が思ったより余ったので、使い道をまとめて

9月末までの品川区内共通商品券が思ったよりも余っていることに気づいたので、消費をキャッチアップすべく、色々と消費しどころを考えたので、次回に備えてメモ。なお、以下サイトで利用可能店舗が検索できるものの、検索性がありていに言ってクソなので、前のように冊子配布するか、冊子をPDFにしてもらえるとありがたいなーと思っている。

shoren.shinagawa.or.jp

①パン・米・嗜好品類の購入は割高感なくおすすめ。

品川区はそれなりに美味しいパンの店や、高品質でそう高くない米を売っている店があるので、それらの購入に使うのはおすすめ。おつりが出ない店だと、それなりの量を買わないといけないので厳しいが、大抵の店ではおつりが出る(武蔵小山のコミネベーカリーなどは出ない)。

菓子類であれば、一部対象外の店舗があるものの、おかしのまちおかで使用可能だし、飲料・酒類であれば、カクヤスなら大体どこでも使える。

特に、カクヤスで酒を購入するのは、額面的にも日持ち的にも、強いムーブな気はする。なお、おかしのまちおかは、おつりが出ない運用で結構きびしい。

珈琲豆の購入も、各街のそれなりの店で使えるし、珈琲豆を購入する場所ではないが、戸越銀座のカルディコーヒーなどでも使える。

②スーパーはほぼ対象外。専門の小売店であれば、対象あり。

スーパーは検索する限り、丸正大井町店のみが使用対象で、当然のようにオオゼキや文化堂、オーケーストアなど、地域に多いスーパーでは使えない。

ドラッグストアでは、ココカラファインは大体使える。5の倍数の日はポイントも5倍なので、買いだめするのは手。

一応、セブンイレブンでは大体の店で使えるので、大抵のものには変換できるが、コンビニでプレミアム商品券を使うのもなんだか損しているのか得をしているのかわからない感じはある。

専門の小売店で言えば、自転車店などで電動自転車等を買う際に使うのは、結構お勧めできる。

③書店でも使えなくはないが、数が少ないし、ヨドバシカメラで普通に買う方がよさげ。

書店だと、五反田周辺の文教堂など、一部使える店もあるが、そもそも本であればヨドバシドットコムで10%ポイント付くので、競争力は皆無である。家電類も、各所に存在するクラタデンキや武蔵小山ラオックスなどで使えるものの、ヨドバシカメラの方が強い問題は不変。使う価値はないか。

④ファストフード店では使えるエリア・場所が限られる

幼児と使いやすいファストフード店で言えば、大崎周辺ではバーガーキングその他、かなり使えるものの、旗の台のモスバーガー大井町大阪王将など、ぽつぽつとしかなかったりする。子連れで入れる店は対象に少ない。

⑤美味しい店で結構使えるので、ランチ等で行脚するのも手。

大井町の「丸八とんかつ店」、青物横丁の「コージ・コルディアーレ」など、調べるとそれなりの値段のする味の確かな店で使えるので、食べログなどと照らし合わせながらめぐるのも、消費としては良いかと思う。☆3.5以上の先で言えば、半数程度は対象になっているイメージ(大井町のpizza manなどが対象外な程度)

⑥エンタメなどでは、あまり使えない。

エンタメで言えば、一部カラオケ店等が対象になっている程度。しながわ水族館ぐらいか…。なお、しながわ水族館周辺には、ほとんど使える店が存在しない。

iwataniの炎たこではなく、普通のたこ焼きプレートを購入したよ。

夏でたこ焼きを子どもたちの前でやってあげたいなぁと思い、先日やきまるを買ったばかりなのに、また専用器具を購入してしまった。iwataniには炎たこという専用機が存在するものの、先日やきまるを迎え入れた我が家に到底それを収納するスペースは存在しなかったので、普通にiwataniカセットガスコンロの上乗せられるたこ焼きプレートを買ってみた。

www.i-cg.jp

①たこ焼きプレートはとても使いやすい。炎たこまでは必要ないかも。

たこ焼きプレートは、フッ素加工、切り溝あり、外枠ありと、ほぼ炎たこと同じ形状。炎たことの違いはまんべんなく火力がいきわたるかだが、強火で使う分には、あまり焼きムラがある感じはせず。ただ、中火程度で使うと、さすがに四隅までは火が行きづらいようだった。

いわゆる、外カリ、中フワを目指してダシ多めで生地を作ったのだけれど、見た目の焦げ具合や、中のフワ感ともにかなりいい感じに作れたので、性能的にはこれで十分かなーという感じだった。炎たこ比、穴の数が4つ少ないのだが、比較的1つの穴のサイズが大きめなので、16コしか焼けなくても、十分な感じ。

②たこ焼き用便利グッズもいくつか購入してみた。

ネットで人気のありそうだった、貝印の油引きと、ピックだけ、購入。ピックは竹串でも良いかなーと思ったが、子どもがたこ人形付きのピックがあった方が楽しめるだろう、ということで、購入してみた。

まいど本舗 タコちゃん キッチンペーパーで油引き_DS1020 | 貝印公式オンラインストア

油引きはかなり便利なグッズで、油をしみこませたキッチンペーパーの扱いづらい感じがなくなり、子どもにやらせてみるにも、ちょうどよい感じのサイズ感と、扱いやすさ。300円程度なら、収納の場所もとらないし、買うべきかな。

ピックは先端がダイヤ型のピックを購入してみたのだが、これは良し悪しある感じで、確かにはみ出した生地を埋め込むには便利だが、慣れるまでは竹串などのほうが、ミスしづらい印象。ただ、専用の器具があり、キャラクターがついていると、子どもは楽しそうと感じるようで、それはそれでよかった。

生地つぎも安いものを購入しようか迷ったのだが、よく考えると雪平鍋があったので、それで十分代用できた。ただ、そういった注ぎ口が付いている大きな容器がないなら、買っておいたほうが良いのかもしれない(やはり、便利)。

③家たこ焼き、結構楽しいので、このコストで出来るならいいね。

これまで、家たこ焼きというと、ホットプレートで全然焼けない生地をいじいじしている印象があったのだけれど、やはり直火できちんとした器具をそろえると、全然ちがうなぁ、と感じた。

すでにイワタニのカセットコンロを所有している前提ではあるものの、プレート1200円ぐらい+周辺グッズ600円ぐらいで粉買ってくればたこ焼きできる環境が整うのであれば、そろえておいても良いのかもしれない。場所もとらないし。

長女と上野の国立科学博物館に行ってきた。

長女を連れて、上野の国立科学博物館に行ってきた。前から少し行きたいなーと思っていたのだけれど、さすがに一人で行くのも家族に悪いし、ということで、長女がある程度理解を示すようになってから、ということで、待っていたのである。

www.kahaku.go.jp

肉の万世に寄ってから上野へ

当日は、上野エリアの素晴らしい昼食スポットである肉の万世からスタート。肉の万世、相変わらず前日のWeb予約で待ち時間なしで入れるくせに、上京してきた観光客は延々と並んでいる。少し調べてくれば良いのに…と思いつつも、みんなが予約してくるようになると、我々が困るので、それはそれでいいのか。

1時間程度の昼食ののち、上野へ移動。ついでにポケモンスタンプラリーのスタンプも回収。上野のポケモンスタンプラリーのスタンプ置き場は入谷改札で、微妙に上野観光と相性が悪い(一番混まない場所という配慮だろうが)。

国立科学博物館、安い。

上野のいつもの公園入口を通り抜け、正面の上野動物園ではなく、右側の国立科学博物館へ。常設展だけなら、入場料は大人料金の630円程度のみ。前から思っていたけれど、少し安すぎるきらいがある。

観光客でごった返してはいるものの、さすがに全体が広いのもあって、幼児連れでもさほど困難さを感じない程度には空間がある。あと、クソ暑い上野の中で、屋内で完結する素晴らしさよ。涼しいし、椅子がたくさんあり、取り合いにもならない。実際、長女は到着してしばらくで30分程度寝ていたが、さほど困らずに休憩できた。

③地球館と日本館

日本館と地球館に分かれているが、今回は地球館に行った。事前にHPを見た感じ、地球館の方が恐竜や動物など、子どもにとってなじみやすい展示物が多そうだったためで、実際そうだった。

長女は3歳後半。結構、こういった博物館では骨や剥製を怖がる子どもが多い様子なので、どうか心配だったが、怖がっていたのは最初だけで、途中からは元気にみて回っていた。科学技術ゾーンはわからないものの、恐竜や動物のはく製ゾーンでは、「大きいね」「これはなに」とはしゃいでいた。

「恐竜はなんで死んじゃったの?」は定番の質問らしく、色々なお父さんが尋ねられていた。後ろにいたお父さんがぼくの回答を丸パクリして答えていたのにはわらった。ちょっとは頭使え。

④幼稚園入っているなら楽しめそうな感じ。

都度、「もうそろそろ出る?」ときいていたにも関わらず、長女は「もっとみる」と答えていたので、結構子ども心に、楽しい施設ではある様子。地球館をかなりゆっくり見て、2時間ちょっとぐらい。日本館に入ると体力が厳しそうだったので、そのまま帰宅。途中のターミナル駅で、お茶をして帰った。

昼食も含めてで3000円程度で子どもと建設的なデートが出来るので、夏の遊び場としてはちょうどよいのかも。また、半年後ぐらいに行きたい。

3歳半と1歳半の幼児を連れてディズニーランド・シーに行ってきた話。

有休とホテルの安い日がかみ合って、スターライトパス⁺首都圏平日パス⁺宿泊費7000円ぐらいでランドとシー両方いけそうなタイミングがあったので、小旅行のつもりで、行ってきた。

以下は、前回、同じようなプランで行ってきた際の記録(冬)

shinagawakun.hatenablog.jp

①日曜日宿泊はとても安い。

ディズニーランド周辺のホテルは平日は安く、土日祝日にかかる場合は高いという当然の傾向があり、比較的すいている時期にはかなり安く泊まれたりする。案外、日曜日宿泊は安く、大人一人あたり4000円以下で素泊まり出来たりする。ありがたい。

今回も宿泊したのは東京ベイ舞浜ホテルで、フロントで宿泊受付するまでに妙に時間がかかるのを除けば、ホテルで朝食のパンは購入できるし、一応コンビニもついているし(割高だけど…)、風呂は広いしで、まあコスパは割と良い。

②さすがに夏は暑すぎたが、スターライトパスで15時以降に入るのは良いかも。

肝心のランドとシーだが、日曜日の15時以降入園で入ったランドは暑さが残りはするものの、それでもかなりマシで、相応に楽しめた。時期的には、もっと混んでいてもおかしくないはずだが、暑さで午前中から遊んでいる方はぐだって早くに帰ったりしているのか、全体的に子ども向けのアトラクションは空いていた(あの回転率の悪い空飛ぶダンボですら、20分待ちぐらい、新しくなったスモールワールドも20分待ち程度)。

日が落ちてしまえば、暑いとはいっても、我慢できる程度になり、エレクトリカルパレードも場所を取って、ゆっくりとみることができた。エレクトリカルパレード、久しぶりにみたけど、ずいぶんと進化していて、見ていて楽しかった。

逆に、月曜日の朝から入ったシーは地獄のような暑さで、子どもも早々に暑さでダウンし、こりゃだめだ、ということで、14時ぐらいには撤退してしまった。子連れで朝から行くには、夏は厳しい。

あと、海賊メインというのも少し子どもには宜しくなく、あまり楽しい空気を想起させなかった様子。比較的、キャラクターグリーティングは空いていたので、子連れならそっちの方面で回った方が良いのかも。

③幼児と行くべきはフィルハーマジックなのは変わらない。

半年スパンでディズニーに行っているが、結局のところ、幼児の反応が楽しいのは、フィルハーマジックなのは変わらないなーと思った。エレクトリカルパレードなども含め、ランドの方が、子どもの満足度は高いのかもしれない。

iwataniのやきまるを買って焼肉をしたよ

従来、象印のホットプレートで焼肉をしていたのだが、4人家族用ホットプレートはお好み焼きや焼きそば、ホットケーキをする場合にはちょうどよいが、焼肉にはちと広すぎるなーと感じていた。あと、煙とにおいがやはりすごい。

そろそろ小型のホットプレート(ブルーノとか)に移行しようかと思っていたのだが、よく考えると、岩谷のガスコンロでいいじゃん、そういや専用器具あったな…と思って、5000円程度とさほどのコストでもなかったので、購入してみた。

f:id:shinagawakun:20180901191852j:plain

www.i-cg.jp

①使用感は◎。においも煙も抑えられる

使ってみた感じ、においや煙もまったくないとはいえないものの、家の中に染み付くような感じはなく、謳っている効果はある様子。事実、焼肉後に風呂に入ってくると、いつも「やっぱりにおうな…」となるのが、今回はなかった。

水を張るなど、少しばかり手間はあるものの、さほどの手間ではないし、ホットプレートのように洗うのに少し根気がいるようなものではないので、トータルではかなり使い勝手良い感じ。

②焼肉がうまく焼けるかも。

煙の発生を抑えるため、わざと焦げ付かない温度までしか上がらないようになっているそうで、実際、ホットプレートでやりがちないつの間にか焼けすぎて水分を失っているような状況にはならなかったし、ちょうど良い温度で焼けているからか、表面だけカリカリ、中は生みたいな、失敗があまり発生しなかった(ちょうど良い程度の焼き目はしっかりつく)。

良い肉を焼くのであれば、そんなに面積もいらないし、やきまるで焼いた方が、幸せになれるかもしれない。野菜も、少量ずつにはなるが、かなり美味しく焼ける。

③難点は単機能であること。

難点としては、やきまるはまさに焼肉専用機なので、ほかに用途転用できないこと、その割にしまう場所を食うところである(大きい土鍋ぐらいの場所を取る)。しまいやすい形状なのは救いだが。

ただ、1000円程度で売っているやきまるのプレート部分だけでは、煙抑制機能もちょうどよい火加減も中途半端になってしまうので、それなりの頻度で焼肉をするのであれば、思い切って買ってしまうのが良いのかもしれない。

カシヤマザスマートテーラーでオーダースーツを頼んできた

春夏用スーツが古くなってきたので、以前から気になっていたオンワード樫山のオーダースーツ専門店、カシヤマザスマートテーラーを利用してみた。呼べば来てくれるらしいが、近隣に店舗があり、家で雑然とした中で採寸するのも嫌だったので、店舗に出向いた。

f:id:shinagawakun:20180817183358j:plain

kashiyama1927.jp

①価格帯は3万円~だが、ウール100%を求めるなら実質4万円~。

価格帯は3万円からあるものの、ウール100%になると4万円からになるので、実態としては4万円ぐらいからが開始点になる。それに、水牛ボタン⁺2000円とか、裏地キュプラ⁺3000円とか、2パンツ⁺13000円とか、そういったオプションをつけていく形になる。

基本的には、やはり水牛ボタンと裏地キュプラ化ぐらいはするべきだと思うし、スーツはパンツの方がよれやすいことを考えれば、2パンツもつける方がいいのかなーと思う。そうこうしていると、税込で6万円ちょいぐらい。

百貨店で既成のスーツをバーゲンで買うと4万円ぐらいだと思うと少し高いような気もするし、同じオンワード樫山のgotairikuなんかのスーツになると8万円ぐらいしたりするので、まあ妥当なあたりな気もする。

②採寸も含めて1時間かからないぐらい。

採寸では、色々とアドバイスをしてくれながら、細かい形を決めていく。基本的にもうちゃっちゃかと向こうで決めてくれると思ったら、そんなこともなく、相談しながら、ここはこうしましょうかねー、どっちがよろしいですか?と決めていく形式だった。

とはいえ、長年高級オーダースーツをやっていた人たちをスマートテーラーの従業員に転用しただけあって、その従業員さん自体にそれなりにこだわりがあり、アドバイスはきちんとしてくれたので良かった。

ぼくはかなりいかり肩なので、肩の形の調整をお願いしたり、細身な体系に合わせて、腹回りを絞ってもらったりした。

③注文殺到で1週間ではできないが、2週間で届いた。

現在、キャパを少し超えているようで、最短1週間の最短では完成しなかったものの、2週間で中国から完成品が届いた。完成品は真空パックされており、スーツが入ってるとは思えないコンパクトサイズの箱に入って送付されてくる。

しわや折り目が付かない真空パックでこの最短1週間が達成できたんです、という触れ込みの通り、確かに開けてそのまま着ていけるような状態で到着した。ちょっと、感動的。

着心地はかなりよく、もう少し価格帯の高い既製品スーツと比較しても、さほど遜色がない(とはいえ、やはり着て比べると、布地の質が違う気はするが)。また、体形に合っているので、嫁から見ても、「シルエットがきれいに見える」らしい。本当か?

④総合的には満足。また利用したい。

価格帯的にさほど安くはないものの、全体としての満足感は高かったので、また機会があれば利用したいなー、というところ。